« Vol.1 ワンオフおいどんステップか?! | トップページ | SUV-CAM初撮影 »

2007年6月25日 (月)

Vol.2 おいどんステップはこう作る

Imgp0852 さてさて、X氏の診断はまだまだ続いております。ノギスで測ってはメモの繰り返しです。
Imgp0856 あ~こんなに大変なことだったのね。おいどんはちょっと簡単に考えすぎておりました。ごめんなさいです。(涙)
無理そうならいいですよ。と言ってみると、
Imgp0853 「いえいえ、こういうの好きなんで大丈夫ですよ。しかし、このシャフトどーすっかなぁ・・・」絶対にフレームの内側を通す気みたいです。
壁が高いほどチャレンジする職人な方だったのね。
Imgp0854 しかし自分のバイクなのにこんな風になっているとは知りませんでした。フレームの先っちょにポッチが付いております。ホルダーの位置決め用みたい。
Imgp0864

そしてそのポッチの受け側もゴムになってたりして。
ゴムだらけ・・・。そんなに振動するのかな。ちょっと不安になってきました。でも、むぎおやじさんは痺れないですよぉって言ってたから大丈夫か。(笑

Imgp0849 さび汁出てくるところ蓋作っときますね。
おぉーありがとう。覚えててくれたのね。
なんと気の効くX氏。
Imgp0851 X氏「こっちもね。」

ありがとぉー♪感謝感謝です♪
Imgp0842 そしてこれが今回ポン付けする予定だった在庫ステップ回りです。FZ1の場合プレート作り直さないといけないみたいですので、これの半分以上のパーツは新規製作となるそうです。
Imgp0848

ちゃんとアルマイト加工されてていい感じなんですよ。と見とれていたら、X氏「雨降ってきたよぉー」

ええーー、それでは帰りますんで後よろしくお願いいたします。慌てて出発です。

Imgp0871 まだぽつりぽつりと小降りですので、カッパの上だけ着こんでダッシュで帰宅です。少しでも早く帰る為、先日開通したばかりの富津館山道に乗ってみました。さすが出来たて新品道路は走りやすい。しかし雨の日にこそETCですな。

そして次回、図面がやってきたゾ!に続く・・・

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vol.2 おいどんステップはこう作る:

コメント

コメントを書く